人の代わりに自動で清掃を行う清掃ロボット。主に人材不足の解消、そして清掃の品質と生産性の向上を目的に開発が進められています。また人による清掃作業が困難な場合は特にロボット化が望まれます。この先AI(人工知能)が更に発達すれば、今まで人が行ってきたことをロボットが取って代わり、この清掃業界でも安全且つ効果的に清掃作業が行われるようになるのは間違いないでしょう。

下記は今現在すでに導入することができる自立(自律)走行可能な清掃ロボットです。これらのマシンの動画を見て、これからやってくる未来の清掃現場を想像してみて下さい。



製品の詳細はこちら 製品の詳細はこちら 製品の詳細はこちら
タブレット端末で運転条件を設定するロボット掃除機。搭載しているドライブレコーダーで約7時間分の作業映像を記録できます。
記憶させた手動操作をマシンが再現する方式の自動床洗浄機。最大64パターンの洗浄作業を行うことが可能です。
世界の多くの現場で実績がある清掃ロボット。床洗浄機とドライバキュームの2タイプがあります。


 


製品の詳細はこちら

「人」と「もの」を見分けることができる清掃ロボット。進む先を遮るのが「人」の場合、話し掛けるように音声で知らせます。



超音波センサーとレーザーセンサーで距離を計測し障害物を検知する床洗浄機。円筒形状のため、壁から20cmの位置まで洗浄可能です。


製品の詳細はこちら

ナビゲーションユニットとクリーニングユニットの2台で窓を挟み、窓拭き作業を行うウインドウ清掃ロボット。作業が終わるとスタート地点に戻ります。


製品の詳細はこちら

オフィス、店舗、倉庫の清掃に適した、業務用としては比較的安価なロボット掃除機。100を超える他のマキタ製品と共通で使える18Vバッテリーを利用します。