ポリッシャーに関するよくある質問集
  1. 1.ポリッシャーとは
  2. 2.ポリッシャーの選び方
  3. 3.ポリッシャー仕様比較
  4. 4.ポリッシャーの使い方
  5. 5.ポリッシャーの使い方動画
  6. 6.ポリッシャーQ&A



ポリッシャー本体を所有しているのですがサイズがわかりません。
ポリッシャー本体横のラベルをご覧いただきメーカー名と型番/サイズをご確認ください。

既に廃番となっている日立製ポリッシャーSF-R304/SF-R251、ナショナル製ポリッシャーMP-P70、MP-125 etc. に適合するブラシはございます。本体の型番をこちらよりお知らせください。
但しクラッチプレート(本体回転部分と噛み合う金属パーツ)は互換性がありませんので、今お使いのブラシから取り外してご利用ください。


8インチポリッシャーパーツの旧型・新型の見分け方がわかりません。
製品の機番で見分けることができます。またワット数も違います。  01


ポリッシャーで床ワックスも塗れるの?

いいえ。
ポリッシャーといえば、車用のワックスポリッシャーが一般的で、そのイメージが強いのですが、床用ポリッシャーは床面の「洗浄作業」「床ワックスの剥離作業」に使用します。

一般的な樹脂素材を主原料にした床用ワックスは塗布するだけで光沢がありますので磨き作業は必要ありません。簡易的な補修の意味で通常のポリッシャーを使用することもありますが、磨き作業は本来、ポリッシャーの約10倍の速さで回転するバーニッシャーで行います。

床用ワックスは車用ワックスのように機械で塗り伸ばすことはせず、塗布した後乾かす塗料のようなものです。床ワックスは、専用の塗布モップなどを使い、人の手で塗布します



ブラシとフロアパッドどちらを使えばいいの?

凹凸のないフラットな床(Pタイルや長尺シート等)にはブラシよりもフロアパッドが適しています。床面に点で接するブラシに対して、フロアパッドは面で接するので効率がよいという理由です。ただコンクリートのような摩擦抵抗が大きい床ではフロアパッドは利用できません。過負荷によりモーター焼損の可能性があるためです。その場合はブラシを利用します。その他にブラシが適しているのは、マンションの共用部等に利用されているエンボスシート表面に凹凸がある石床です。

Pタイル長尺シート



フロアパッドはどれを選べばいいの?

フロアパッドは用途、汚れの状態、床材の種類などにより使い分けるのですが、一般的な洗浄作業に使用するのであれば緑パッド青パッド赤パッドより選ぶこととなります。

この3つの中では緑が一番硬く汚れ除去性も高い洗浄用フロアパッドで、赤は一番柔らかく床材への影響に配慮する場合に使用します。

当店では、この洗浄用の緑パッドと赤パッドを含む「洗浄パッドセット」の設定があり、ポリッシャー本体購入時に簡単にお選びいただけます。「洗浄パッドセット」にはパッド台(プレート付)1個と緑パッド1枚、赤パッド1枚が含まれており、一般的な用途には最適なセットです。

床ワックスの剥離作業には、おもに黒パッド茶パッドを使用するのですが、何層にも塗り重ねた古いワックスを除去するには対応できない場合もあり、その際はより硬いフロアパッド研磨砥粒入りナイロンブラシの粗い(硬い)番手<#80>を使用します。

白パッドは簡単な洗浄作業、磨き作業に使用いたしますが、床ワックスというのは塗布するだけで光沢があり、さらにその上を磨く必要はありませんので白パッドでの磨き作業は光沢が落ちてきた際にすることとなります。

※歩行による磨耗等が原因で床ワックスが残っていない状態では、光沢は復元されません。光沢の復元度もバーニッシャーでの作業に比べ、劣りますので簡易的なものとなります。



12インチって何センチ?
1インチ≒2.5センチですので、12インチは約30センチということになります。


12インチポリッシャー用フロアパッドはなぜ13インチ?

フロアパッドはポリッシャー本体のエプロン外周と同じ直径のため、1インチ大きい13インチのものを使用します。それに対してブラシはポリッシャー本体の枠内に収まりますので12インチということです。同様に14インチポリッシャー用フロアパッドは15インチですが、16インチポリッシャー用フロアパッドは2インチ大きい18インチを使用します。
フロアパッドは13インチ、ブラシは12インチ



プレートの4ッ爪と3ッ爪の違いは?

プレートにはポリッシャー本体との引っかかる部分が4ッ爪のタイプと3ッ爪のタイプがあります。
お使いのポリッシャーのタイプをお確かめの上、お選びください。

またポリッシャー本体の製造元によりプレートの形状が異なります。
アマノ武蔵電機(ムサシ)製、リンレイブランドなどの「musashi」、山崎産業(コンドル)製の「marubayashi」の2種類がありますのでこの点もお間違えのないようにお気を付けください。

当店で販売しておりますポリッシャー本体は基本的に4ッ爪です。
爪数は “4ッ爪”、メーカーは “musashi” をお選びください。

なお、8インチポリッシャーは3ッ爪タイプしかございません。

musashi 16インチ用 3ッ爪タイプは専用プレートになります。
お間違えのないようにお気を付けください。

4ッ爪 3ッ爪 THE BOSS/イノベーター用クラッチプレート THE BOSS/イノベーター用クラッチプレート変換セット

THE BOSSイノベーターをお使いの方はTHE BOSS/イノベーター用クラッチプレート(NP-9200)をお選びください。
またTHE BOSS、イノベーターで洗浄ブラシ(OCEブラシ角田ブラシ タイネックスAなど)をお使いになられる方はTHE BOSS/イノベーター用クラッチプレート変換セットをお選びください。



高速タイプの方が強力?

いいえ、強力ではありません。「力の強さ(トルク)」は標準速タイプの方が勝ってます。ポリッシャーのモーターは「回転数」を高めることで「力の強さ(トルク)」は反対に低減します。自動車の変速機と概念は同じです。1速はトルクが大きく車をスタートさせる時に、逆に4速や5速はスタート時ではなく高速運転する際に適しています。ポリッシャーの標準速と高速はこれと似ています。



高速タイプはどんな場合に適してるの?

摩擦抵抗が比較的少ない床の洗浄に適しています。ワックスが塗布された床や凹凸のない床の表面洗浄で、少しでも効率を上げたい場合は標準速より高速タイプを選択するのがよいでしょう。



高速タイプはどんな場合に不向きなの?

大きい摩擦抵抗が掛かる場合は適していません。カーペット洗浄やワックス剥離でモーターに大きな負荷が掛かる作業の際は高速タイプは避けた方がよいです。また凹凸のあるエンボスシートやバーナー仕上げの石材の洗浄にも向いていません。ウェイトを利用して石材研磨を行う際も高速タイプではなく標準速タイプの方が安心です。

❗モーター焼損について、標準速であれば必ずしも大丈夫というわけではありません。強い摩擦抵抗が掛かる状況ではポリッシャーのタイプに関わらず、モーターへの高負荷には十分にご注意下さい。

⚠ポリッシャー 使用上の注意



あれこれ悩む必要のないお得なポリッシャーセット