清掃業者はマッチングサイトにうんざりしている!?


マッチングサイトの台頭と清掃業者の困難


近年、生活の悩みを解決するための、プロや職人を探せるマッチングサイトが広く普及しています。ユーザー(サービス依頼者)にとっては、清掃やリペアなど様々な分野のプロが集まるポータルサイトで、自分のニーズに合った業者を簡単に見つけることができる、便利なプラットフォームとして認識されています。一方の業者側にとってマッチングサイトは、新たな顧客獲得の機会を得る場となっています。

しかし、マッチングサイトに対して業者側は「仕事のチャンスが得られるありがたい場所」とだけ感じているのでしょうか?実際に、清掃業者にヒアリングしたところ、これらのサービスに対して、多くの清掃業者が「うんざりしている」ということがわかりました。皆さんはマッチングサイトに登録していますか?運営会社に対してどのような印象をお持ちですか?


自社サイト集客の終焉


うんざりしている理由の一つとして、これらマッチングサイトの台頭により「清掃業者の自社サイトが検索エンジンの上位表示を獲得することが難しくなっている」ことがあります。マッチングサイトは大量の情報とユーザーを抱えており、その結果、検索エンジンのアルゴリズムにより上位表示されやすい傾向にあります。これにより、以前は自社のウェブサイトを通じて直接顧客を獲得していた清掃業者が、今は集客に困難を感じています。

更に、リスティング広告においては、もっと深刻です。これらの資金力のある企業と競争する必要があるため、中小の清掃業者にとってはかなり厳しい状況と言えます。そのため、現在では、インターネット上で集客するには、マッチングサイトの利用を避けて通れないのが実情です。

以上のように、マッチングサイトの台頭は清掃業者にとって一長一短の状況をもたらしました。次の章では、マッチングサイト内での競争の激化について詳しく見ていきます。


価格競争とレビューの影響力


清掃業者にとって2つ目の問題は「マッチングサイト内での競争の激化」です。その主な要因は、価格競争とレビューの影響力です。マッチングサイトは一般的に、顧客がサービスを選ぶ際の判断基準を価格やレビューなどに限定する傾向があります。これにより、清掃業者は自社の特徴や強みを十分にアピールする機会を失い、単なる価格競争に巻き込まれることが多くなります。

まず、価格競争について、マッチングサイト上では、清掃業者が自社のサービスを低価格で提供しなければ、他の清掃業者と比べて不利になる傾向があります。これは、顧客がサービスを選ぶ際に価格を重視する傾向が強いためです。しかし、価格を下げれば下げるほど、清掃業者の利益は減少し、経営が厳しくなります。特に、小規模の清掃業者にとっては、価格競争は大きな負担となります。

次に、レビューの影響力について、マッチングサイトでは、顧客からのレビューが清掃業者の評価に大きな影響を与えます。良いレビューが多い清掃業者は新たな顧客を獲得しやすい一方、悪いレビューがあると、それが顧客獲得の障壁となります。しかし、レビューは必ずしもサービスの質を正確に反映しているわけではなく、一部の顧客の主観的な意見が清掃業者の評価を左右することになります。

これらの要素が、マッチングサイト内での競争を一層激化させています。 清掃業者は、価格競争とレビューのプレッシャーにより、自社のサービスを、内容や技術力など多角的な視点で、適切に評価してもらうことが難しくなっています。次の章では、マッチングサイトの手数料と課金システム、そしてその問題点について考察します。


マッチングサイトの手数料と課金システムが諸悪の根源?


マッチングサイトを利用するには手数料が必要です。運営側では「成約した際にだけ費用が発生する完全成功報酬で、登録や出店は無料、更に毎月のシステム利用料も完全無料」などと謳っています。ですが、成約時に掛かる手数料が高額だと感じている清掃業者は少なくありません。

また、マッチングサイト内で目立つためには、多くの場合、課金が必要です。そのため、資金力のあるところが目立つ一方で、小規模の清掃業者は目立つことが難しくなります。課金を行える清掃業者は、自社のサービスを目立たせることができますが、資金力のない清掃業者は同じように目立つことができず、その結果、新たな顧客を獲得する機会が減少します。

このような費用に対する不満は、清掃業者の間で広く共有されています。マッチングサイトが提供する便利さと引き換えに、清掃業者は高額な費用と競争の厳しさに直面している、と考えられています。しかし、果たして「費用の大きさ」が問題の本質なのでしょうか?


底辺への競争


マッチングサイトの手数料は、サービス利用に必要なものであり、ビジネスモデルの一部です。サイトの運営費用を賄うために不可欠なものです。運営会社ごとに必要経費は異なりますが、その額自体が最大の問題ではありません。なぜなら、費用対効果が良ければ問題ないからです。問題の本質は別のところにあります。

実際に、マッチングサイトを上手く活用し、高いレベルで費用対効果のバランスを実現している清掃業者が存在しています。戦略的に、先ず一定期間のみ格安でサービスを提供し、実績を作るという作戦があります。そこで削った利益は将来への投資や集客費用と捉え、積極的に低価格順表示で上位を狙い、その後に一定の勝ちパターンを作ることに成功する清掃業者がいます。

一般的には、清掃業者にとって、その手数料が自社にとって適正であるかどうかを見極めることが重要です。適正な手数料とは、清掃業者がサービスを利用することで得られる利益(新規顧客の獲得や業務効率化など)と、手数料の負担がバランス良く取れている状態を指します。つまり、手数料が高すぎて利益が飲み込まれてしまう状態や、手数料が継続的に発生し続けることで長期的なビジネスの障壁となる状態は避けるべき、ということです。

もしそんなバランスを欠いた状態でマッチングサイトを利用し続けているのであれば大問題です。納得いく利益を残せていないのなら、本末転倒と言わざるを得ません。少ない利益から費用を捻出するだけの、言わば「底辺への競争」は、決して続けてはいけないのです。

一番大事なことは、

1. マッチングサイト内で競争を勝ち抜く工夫をして、費用対効果を高める努力をするか
2. 「底辺への競争」から脱却するか

このどちらかを、まず決断することです。腹を括ってマッチングサイトを活用するか、その他のソリューションを探すか、ということです。


清掃業者の集客はマッチングサイトだけにあらず


マッチングサイトの利用が一般的になる中で、それに頼らずに自社の集客を成功させ、顧客をたくさん抱えている清掃業者も存在します。そうした企業はどのような戦略を用いているのでしょうか。競合他社との差別化や顧客獲得に成功するために、どのようなアプローチをしているのでしょうか。

まずよくあるのが、リピートや紹介を重視して顧客を増やすということです。清掃業者のサービスは、一度利用した顧客が再度利用することが多いビジネスです。そのため、初回のサービスで顧客満足度を高め、リピートや紹介による新規顧客の獲得を目指すことが重要です。これには、サービスの質を高めるだけでなく、顧客とのコミュニケーションを大切にすることも求められます。

また、地元のコミュニティやビジネスネットワークイベントに積極的に参加することも有効です。地域のイベントに参加したり、地元の団体と協力関係を築いたりすることで、地元の顧客からの信頼を得ることができます。これにより、直接顧客を獲得することも可能となります。

その他には、「不動産会社やマンションの管理会社との提携」「SNSマーケティング」「オフライン広告やチラシ」「既存顧客に新たな顧客を紹介してもらう仕組み(リファーラルマーケティング)」などの方法が考えられます。しかし、これらの方法を継続して成功させるためには、清掃業者自身がまず自社のサービスの質を見直し、顧客との良好な関係を築く体制を整えておく必要があります。


もう一つのマッチング


多くの清掃会社がマッチングサイトで集客に苦慮している一方で、顧客からの信頼を得ることで業務が増加し、多忙な状況の会社があります。しかしながら、これらの清掃会社は、人手不足という新たな問題に直面しています。そこで、「元請け会社と協力会社のマッチング」という方法でこの矛盾を解消することが望まれます。人手不足に悩む会社と、新たな仕事を得て安定した収入源を確保したいと考える会社が協力し合うことで、それぞれの課題を解消し、共に成長する道が開けます。

このような良い協働は、清掃業界全体の発展にも寄与します。異なる課題を抱える清掃会社が協力し合うことで、業界全体の問題解決につながり、さらなる成長を遂げることができます。ただし、この協働を成功させるためには、双方が「顧客に対して誠実に対応し、適切な業務を行う」会社であることが前提となります。これは、既存顧客との良好な関係を維持するために不可欠で、非常に重要な要素です。また、顧客満足度を高め、リピートやクチコミによる更なる新規顧客の獲得を目指すことも意味します。そして、双方が公平な取引を行い、ウィンウィンの関係を作ることが大切です。具体的には、業務の委託料を公正に設定し、双方が納得できる契約を結ぶことが求められます。


まとめ


マッチングサイトを利用することで、清掃業者は新規顧客を獲得するチャンスを得ることができます。しかし、その一方で、高額な費用と競争の厳しさに直面することになります。また、自社サイトの検索エンジン上位表示が難しくなり、リスティング広告の競争にも困難があるため、多くの清掃業者が集客方法について悩みを抱えています。

マッチングサイトが台頭したことで、清掃業者の集客方法は一変しました。しかし、最も重要なことは、マッチングサイトのメリットを活用して集客に繋げるための努力を継続するか否か、まず決断することです。戦略なしに、底辺への競争を続けることは、絶対にやめるべきです。

清掃業者にとって、マッチングサイトはあくまでも集客の一手段であることを忘れず、それに頼ることなく、様々な方法を組み合わせて、効果的な集客を行うことが重要です。そして自社のサービスの質を高め、顧客との良好な関係を築きながら、リピートや紹介を重視して顧客を増やすことを目指してください。

また、清掃業者同士が協力し合うことで、新たな仕事を得て安定した収入源を確保することも可能になります。ただし、その場合は、全ての関連会社が「顧客に対して誠実に対応し、適切な業務を行う」という前提条件があります。顧客ファーストの考えを共有し、ウィンウィンの関係を作ることができるパートナーが見つかることを祈っています。




以前からポリッシャー.JPをご利用いただいているエアコンクリーニング専門企業様が、現在協力会社を募集しています。同社は日本全国に多くの顧客と案件を抱え、業績は好調ですが、人手不足でお悩みです。ご関心のある方は、こちらからお問い合わせください。

📌 協力業者募集のご案内
【エアコンクリーニング協力業者を募集しています】
対象エリア:日本全国
業務内容:業務用天カセエアコン洗浄、家庭用壁掛けエアコン洗浄
応募条件:エアコン分解洗浄の経験がある方
その他:法人、個人事業主問いません
ポリッシャー.JP Official Instagram
ポリッシャー.JP公式インスタグラム
清掃業界唯一の月刊誌【月刊ビルクリーニング】
【ポリッシャー.Job】初期費用&リスクゼロ!清掃スタッフ限定の応募課金型求人サービス
働く大人の身体能力テスト「フィールドワーク・ポテンシャル・テスト」
ポリッシャー.JPは大阪エヴェッサのオフィシャルパートナーです
黒御影石.com 世界初!現場で御影石研磨を完全鏡面実現!

🎍12/29(金)から1/4(木)の期間は休暇をいただきます。納期に余裕を持ってご注文下さい。休暇中に頂戴したご注文・お問い合わせには2024/1/5(金)より順次対応致します🎍

🎍12/29(金)から1/4(木)の期間は休暇をいただきます。納期に余裕を持ってご注文下さい。休暇中に頂戴したご注文・お問い合わせには2024/1/5(金)より順次対応致します🎍

🎍12/29(金)から1/4(木)の期間は休暇をいただきます。納期に余裕を持ってご注文下さい。休暇中に頂戴したご注文・お問い合わせには2024/1/5(金)より順次対応致します🎍