清掃業界における人材問題克服のカギとは…?01

戦力として現場で活躍できるシニア人材か、怪我のリスクを抱えたシニア人材かを簡単に見極められるテストがあるのをご存知ですか?

あなたがもし、65歳以上のシニアを作業員として雇用しなければならないとしたら心配なことはなんでしょうか?

体調が悪くなって急に休むとか言い出さないだろうか?現場で滑って労災事故を起こすんじゃないだろうか?ちゃんと給料に見合うだけの働きをしてくれるだろうか?

ひと口にシニア人材と言っても、若者よりも元気で体力のある方もいれば、口は元気に動くけど、一歩ごとに「膝が痛い」「疲れた」と連呼する方もいます。年齢が上がれば上がるほど、体力や健康状態の個人差は若者よりも大きくなるのです。

でも、残念ながら当事者の健康状態や体力の有無は、見た目や話を聞くだけの面接では本当のところは分からないものです。そして、一度雇ってしまえば簡単に解雇できないためシニアの雇用はとてもリスキーなのです。

清掃業界における人材問題克服のカギとは…?02

しかし、掃業業界ではシニア人材の活用は好き嫌いに関わらず、絶対に避けて通ることはできません。避けて通れないのであれば答えはひとつです。雇用する前に、目の前にいるシニアの身体能力を丸裸にするような入社前テストがあれば良いということです。

そこで私たちが目をつけたのが『フィールドワークポテンシャルテスト』という身体能力を測定するテストです。このテストでは、基本的な体力や身体能力はもちろん、清掃の現場で必要になる『転倒に対する適応力』や『無理な動作への適応力』『不意のヒヤリハット事案に対する対応力』などを測定し、主観的な感想ではなく、客観的な数値でシニア人材の身体能力を把握することができます。

このテストを導入することで、例えばシニア人材を現場で採用することに難色を示している顧客に対して、年齢でなく身体能力で人材を選んでいることを示すことができ、シニア人材が活躍できる現場に変えていくことができます。

また、未然に労災事故のリスクを抱えたシニアの雇用を避けることができるので、労災案件を減らすことができると同時に、負担の少ない現場への配置を検討することや、他業種へ職換えすることを前向きに促すこともできます。互いに無駄なリスクを抱えなくて済むという大きなメリットがあります。

さらに、より日常的な活用法として、すでに雇用しているシニアの適正能力を年に一度計測することで、知らない間に落ちているかもしれない身体能力の把握にも役立ちます。そして、定期的に身体能力を計測していることを顧客に向けて告知することで、『従業員や顧客のことをしっかり考えている会社』というブランドを構築することができます。

目の前にやってきたシニア人材が現場で戦力になるか、それとも問題を引き起こす人災となってしまうのか。あなたは面談をし、話を聞いただけでそれを見抜くことができるでしょうか?雇った後で必要な身体能力がない事に気づいた時、事前に身体能力を数値化できるテストを受けさせておけばよかったと後悔しないでしょうか?

目の前にいるシニア人材が戦力になるのかどうかを確認することも、複数いる候補の中からもっとも身体能力の高いシニアを選び出すことも、このフィールドワークポテンシャルテストがあれば、採用経験が少ない現場主任であっても、数字を見ながら最適な人材を選択することができます。

ぜひあなたの会社でも、フィールドワークポテンシャルテストを活用し、元気に働けるシニア人材を見極め、他社に負けない競争力を獲得してみてはいかがでしょうか。

シニア人材の活用、ここに今後の清掃業界の人材問題を克服するカギが必ずあるはずです。


高齢者の適性配置・雇用延長・再雇用の根拠にフィールドワーク・ポテンシャル・テスト
▶︎ フィールドワークポテンシャルテストの詳細はこちら



ポリッシャー.JP Official Instagram
ポリッシャー.JP公式インスタグラム

👉ポリッシャー.JPのLINE公式アカウント お友だち募集中!友だち追加で、すぐに使える500円分クーポンをプレゼント中!👈

👉ポリッシャー.JPのLINE公式アカウント お友だち募集中!友だち追加で、すぐに使える500円分クーポンをプレゼント中!👈

👉ポリッシャー.JPのLINE公式アカウント お友だち募集中!友だち追加で、すぐに使える500円分クーポンをプレゼント中!👈